とっても見やすいホームページができました!!

女一人旅は怖くない!

↑↑↑旅行記や、旅のコツなど公開中です!↑↑↑


2008年09月22日

生かされて


昨日紹介した映画「ホテルルワンダ」


ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション
ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション


興味を持ってくれた方がいればいいなと思います。

読む前に!クリックご協力お願いします→→→旅ランキング



アフリカ中央部にある小さな国。

ルワンダに住むフツ族とツチ族。

見た目は同じなので、

どちらの部族なのか確認は、

わざわざ証明書で見分けるほどで、

同じ国民同士なんですよね。

なのに殺しあう。

フツ族によるツチ族大虐殺。

その数は100日で100万人以上だと言われています。

ナタやこん棒でなぶり殺しにする。。。

どうしてここまでツチ族に対する残虐行為ができたのでしょうか。

歴史からツチ族がいろんな面で優遇されていたから、

ということもあるでしょう。

ツチ族を「ゴキブリ」と呼び、

殺せ、殺せと繰り返した、

フツ族によるラジオ放送の影響もあります。

だからって昨日まで隣人だったツチ族を殺すことができるでしょうか?

「ツチ族を殺したらバナナ農園をやるよ」

こう言われて虐殺をおこなったフツ族もいるそうです。

結局農園なんてもらえなかった。

殺人を犯した人、殺されてしまった人、

いったい何だったのでしょうか。。。

この地獄を生き残った方が本を書いています。

生かされて。
生かされて。

狭いトイレの中で恐怖と闘いながら、

3か月という時間をすごさなければならなかった。

生きる力を忘れなかった彼女の手記です。


banner_blue.gif

2007年09月18日

インドでの女性の地位



旅行に行くならばその国のことを少し勉強し、

知っておくと楽しさが倍増します。

また文化を知ることでその国のタブーや、

常識なんかも学ぶことができ、

旅をスムーズにするという意味もあります。

最近こんな本を読みました。

旅ランキング

インドで盗賊から国会議員になった女性の話です。


女盗賊プーラン〈上巻〉
女盗賊プーラン〈上巻〉




女盗賊プーラン〈下巻〉
女盗賊プーラン〈下巻〉



正直ショックでした。

インドの田舎では女の子が産まれると、

やっかいもの扱いされます。

結婚するために嫁側が夫となる人へ払う金品を、

用意しなければならないというしきたりがあります。

日々の暮らしがやっとという貧困家庭には厳しいことです。

圧倒的な男性社会。

女性の地位は限りなく低いものでした。

日本も男性社会だと言うけれど、

そんなレベルのものじゃないんですね。

それに加えてカーストという差別が色濃く残っています。

都市部ではだいぶなくなったといわれていますが田舎では、

上級カーストの人は下級の人たちを、

奴隷のように扱って当然なんです。

この物語の著者プーランも下級カースト出身で、

理不尽な社会と戦おうとしますが、

無力な女性が立ち向かえる相手ではなかった。

生々しいリアルなインドの現実。

彼女がいかにして自分の地位を築いていくのか、

最後まで興味深く読みました。

女一人旅でインド旅行をしている女性は、

インドの男性の目にどんな風に写っているんでしょうね。

いつかはタージマハルを見たいと思っていますが、

もっと勉強して行ったほうがよさそうですね。


banner_blue.gif

2006年10月31日

旅乱って知ってますか?


初めて聞きました。 こんな言葉。

いったい何なのか?と思ったら、

今後の人間関係さえも左右してしまうような、

要注意ワードだったのです。

旅ランキング

「酒乱」っていうのはよく聞きます。

お酒を飲むと暴れたりする人です。

それでは「旅乱」というのは?

旅行に行くと、人格が変わってしまう人を意味します。

普段は仲良く、人付き合いもいいのに、

旅先では非常にわがままになってしまう、

調和が取れない、なにかが違うなど、

日常とのギャップが激しい、

困った人のことをそうよぶそうです。

松田朝子さんが書かれたこの本には、

「旅乱」について詳しくかかれています。


旅先だとどうして彼は不機嫌になるの


血液型別、男女別での旅乱タイプを、

診断してくれるチェックリストもあるとかで、

かなり興味深々であります!(^^)

職場や学校の友達と、

旅行や温泉に行く機会も多くなる季節ですよね。

一人旅には関係ないかもしれないけど、

一度チェックしておいたほうがいい?


banner_blue.gif

2006年09月21日

こんな本がありました

昨日のタイ・クーデターのニュースで、

思い出したのが、

以前、本屋で見つけたこんな本です。

旅ランキング
続きを読む

2006年08月12日

脳を鍛える世界地図

夏休みのパラオ旅行の準備で、

必要なものを買い物しに行った帰り道、

近所の本屋さんへちょっと寄り道したところ、

こんな面白い本を見つけました。

旅ランキング
続きを読む

2006年08月07日

太平洋戦争を知る本

学生の頃、戦争の実態なんてほとんど知りませんでした。

一人旅をするようになり、

旅行先にアジアを選ぶこともあります。

日本の過去、すなわち戦争を、

知っておく必要がありました。

旅ランキング
続きを読む

2006年05月08日

飛行機にスピード違反はあるのか?

とても面白かった本です。

元JALの機長だった田口美貴夫さんが書いた、

「機長の一万日」

機長の一万日―コックピットの恐さと快感!

機長ってトイレはどうしているのかとか、

スピード違反はあるのかとか、

奥さんはスチュワーデスが多いのかとか、

素朴な疑問に答えてくれています。

旅ランキング
続きを読む

2006年05月01日

目からウロコのキリスト教

異文化コミュニケーションをとりたいなら、

宗教の勉強はかかせないです。

勉強と言っても堅苦しいものではなく、

知識として頭に入れておくということです。

旅ランキング
続きを読む

2006年01月26日

肌で感じた台湾

台湾に関する本はたくさんあります。

台北のグルメスポットや、

夜市や観光地を紹介する本は、

書店に行ってもたやすく見つけることができます。

この本は著書が肌で感じた、

台湾という国をエッセイにしたものです。

旅ランキング
続きを読む

2005年10月02日

23歳女の大冒険

生まれて2回目の海外旅行が、

主に鉄道での単独アメリカ横断。

旅情報満載→旅ブログランキング


続きを読む

2005年08月12日

ここまで来ている宇宙旅行

一度は宇宙から青い地球を見てみたいと思います。

チェックする→旅ランキング


続きを読む

2005年07月30日

カナダ・ニュージーに行くなら

私自身、個人旅行が好きなので、

そういう本があるとつい買ってしまいます。

旅を知るならここ→旅ランキング


続きを読む

2005年07月12日

泣いちゃう男

面白そうな本を探しに本屋に立ち寄り、

ぶらぶら何気なーく並ぶ本を見ていると目に留まったものがあった。

応援おねがいします!→旅ランキング続きを読む

2005年05月31日

中国人の考え方

去年のサッカーアジアカップを見るまで、

続きを読む

キリスト教のなぞ

西洋人の考え方ってたまに理解できないときがある。

面白旅情報も→旅ランキング
続きを読む

2005年05月30日

九龍城砦はアジアの魔窟だった?

かつて香港で一番治安が悪かった場所がありました。

アジア穴場情報も→旅ランキング

続きを読む

2005年05月29日

本当のイタリア人

イタリアといえば、カンツォーネが響くおいしいレストランで、

リゾットやパスタを食べ、すごいイケメンがたくさんいて、

そしてくどきくどかれみたいなイメージがあるんですが、

本当のイタリアってどーなんでしょう。

イタリア情報も→旅ランキング

続きを読む
最近の記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。