とっても見やすいホームページができました!!

女一人旅は怖くない!

↑↑↑旅行記や、旅のコツなど公開中です!↑↑↑


2008年10月13日

エジプト航空の乗り心地


エジプトってドバイ経由で、

行くのかなーと思ったら、

日本から直行便があるんですね!

読む前に!クリックご協力お願いします→→→旅ランキング



ピラミッド見たい!スフィンクス見たい!って

100回以上思ったことあるのに、

エジプト航空の成田⇔カイロ、

関空⇔カイロ便があるって知らなかったです。

そっかー東京や大阪からは直行で行けるのか〜♪

最近はどんどん路線が減っているので、

この先どうなるかわからないけど、

現状2都市に就航しているんですねー(^^)


私の友人は成田からエジプト航空に乗ったそうなんですけど、

とにかく機体がぼろいと言ってました(^_^;)

たまたまその便に当たっただけかもしれないけど、

座席についてるトレーにひびが入ってたそうです。

機体も小さかったし、テレビ画面も、

大きなのが2〜3つあるくらいで、

国内線のような感じ。

アフリカなどよく払い下げの飛行機を使ってるって、

ニュースで見ることがありますが、

それだったんでしょうか。

そして機内食。

成田からカイロまで行きの食事はおいしかった!

でも帰りはちょっと・・・・という感じ。。。

日本発なら日本で用意したものが出るので、

そりゃ日本人の口には合いますよね。

宗教上、豚肉は出ないんですが、

それがあってもなくても帰りの便の機内食は、

おいしくなかったみたいです。

期待しなければ、

おお!なかなかいけるじゃん!って、

ことあるんですけどね(^v^)

なじみの少ないエジプト航空の話は面白かったです!


ご旅行前に本サイト→→「女一人旅は怖くない!」こちらもよろしく!


banner_blue.gif

2008年10月12日

9月エジプト旅行の注意点


最近何かとアフリカ大陸に縁があります。

エジプト旅行の話をたくさん聞きました。

行く予定のある方はぜひ読んでください!

読む前に!クリックご協力お願いします→→→旅ランキング



エジプト旅行に限らず、

イスラム圏に行く方は!のほうがいいかな(^^)

友人がエジプト旅行のお土産話を聞かせてくれたんですが、

なんとラマダン月に当たったそうなんです。

ラマダンとは、過去記事「イスラム教の断食」と、

何で断食するのか?」でも紹介したように、

イスラム教の大事な行事で、

日の出から日没まで飲食しない!という、

きついものです。

敬虔なイスラム教徒は自分の唾さえ吐き捨てるそう。

モロッコで断食(ラマダーン) (幻冬舎文庫)
モロッコで断食(ラマダーン) (幻冬舎文庫)

↑この本を読んでいた私が、

まさかラマダン中に旅行した友人がいたなんて、

ものすごく偶然!

そして友人が言った一言。

「ラマダン中にツアー旅行するのはやめたほうがいいね」

一瞬、???となりましたが、

あーお店とかレストランが開いてないからだな〜

と思ったとき、

「ツアーコンダクターさんがせっつくから」

と言うのです。


現地の添乗員さんはやっぱりラマダン中なので、

何が何でも日が沈むまでには仕事を終わらせたい。

だから、ここゆっくり見たいな〜♪と思っても、

早く切り上げて帰ろうとする。

そして集合時間にちょっとでも遅れようもんなら、

キキーーっと怒られてしまうそうなのです。

普段はのんびりしているエジプト人も、

このときばかりはカリカリしているそう。


海外に行くと、日本みたいに時間ぴったりってことがなく、

けっこういい加減ねーなんて思うことがしばしばですが、

イスラム圏ラマダン中はそうはいかないらしい(^_^;)

一人旅や個人旅行ならいいんだけど、

ツアーだとせっつかれて厳しいらしいですねー。

エジプト旅行探しに →「AB-ROAD

生のラマダン話が聞けてよかったです(^^)


ご旅行前に本サイト→→「女一人旅は怖くない!」こちらもよろしく!


banner_blue.gif

2008年10月02日

ダーウィンの悪夢

前から見たかった映画「ダーウィンの悪夢」

先日TUTAYAで見つけたので借りて見ました。

読む前に!クリックご協力お願いします→→→旅ランキング


以前記事にした「生かされて」はルワンダについてですが、

「ダーウィンの悪夢」はその隣の国、タンザニアの話です。

ケニア、ウガンダとタンザニアにまたがり、

世界第3位の大きさを誇るヴィクトリア湖があります。

生態系の貴重さから「ダーウィンの箱庭」と呼ばれていました。


この世界で最も価値のある湖に、

ヨーロッパのある国の人により、

肉食であるナイルパーチという魚が放たれた。

それによって在来種が激減。

もともとヴィクトリア湖にいた400種あまりの魚が、

200種までに減ったといわれています。

しかしナイルパーチを加工しヨーロッパに輸出することで、

お金を手にしているタンザニア人もいます。

国民の約半分以上が一日1ドル以下で生活している国。

そこには雇用が生まれ、

若い働き手が地方から集まるようになり、

経済的に恵まれるようになる人がいる反面、

売春婦によるHIV感染の拡大、

ストリートチルドレン、

ナイルパーチ輸送機による武器密輸疑惑、

そして壊されていく湖。

この映画にいろいろな問題を突き付けられました。

ダーウィンの悪夢 デラックス版
ダーウィンの悪夢 デラックス版


アフリカにこんな素晴らしい湖があったことすら、

知らなかった私ですが、

スーパーで手に取る食べ物ひとつにも、

どこかに犠牲があることを学ぶべきだなと思いました。


ご旅行前に本サイト→→「女一人旅は怖くない!」こちらもよろしく!


banner_blue.gif

2008年09月26日

列に並ばないモロッコ人


最近アフリカについて考えることが多いんですが、

モロッコ旅行に行った友人から、

いろいろお土産話を聞かせてもらいました。

読む前に!クリックご協力お願いします→→→旅ランキング


いいとか悪いとかそういうのはなく、

面白い国だった。

一国でこんなにいろんな表情がある国に、

出会ったのは初めてで、

都市部のビル、部族が住む村、砂漠など、

じつにさまざまな景色が見れる。

スペインからの流れかタイル装飾のかわいいお店が、

たくさんあって見てて楽しく、

異国情緒あふれていた。


ご飯はまぁ普通だった。

豚肉は食べないので、

そのほかの肉を煮込んだ料理や、

豆系の料理がほとんど。

そして日本じゃ睨まれるであろう、

列に並ばないのが当たり前文化。

ものすごい長い行列でも、

平気な顔して横入りしてくる。

ほ〜〜。

モロッコってそうなんだ〜〜。

日本人の感覚だとむかつくでしょうね。

E07 地球の歩き方 モロッコ 2008~2009 (地球の歩き方 E 7)
E07 地球の歩き方 モロッコ 2008~2009 (地球の歩き方 E 7)


写真もたくさん見せてもらったけど、

サハラ砂漠にすごーーーい!!と思いました。

同じ地球上だよね?と言いたくなるような、

幻想的な景色でした。

死ぬまでに一度は見てみたいです。


banner_blue.gif
最近の記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。